FC2ブログ

記事一覧

コロナウィルス 自宅経過療養の反対

[自宅経過療養の反対]

◆コロナウィルス陽性、厚生労働省の軽症者の自宅経過療養の反対理由

厚生労働省の考え方は、感染拡大、医療崩壊を起こすので下記の提案。

・PCR検査を多くして、陽性者は隔離施設に移す「家庭/社会感染防止」。

・感染者は隔離施設で、安静にして経過を見守る。

・隔離施設で重症化したら、病院に移し治療する。

・感染者は隔離施設で3週間後に再検査で陰性なら、自宅自粛1週間。

 隔離施設は、ホテル契約が直ぐに使用出来る、遠方患者輸送も、観光バスをチャーターすれば一石3鳥。(ホテルも観光バスも自粛でお客がいない)

◆厚生労働省のやり方は、感染の拡大の促進と医療崩壊の促進

・PCR検査を最小限(クラスター検査)にして医療崩壊を防ぐ

・重傷者がでたら病院で治療する。

・中症者は隔離施設、

・軽症者は自宅療養「家庭内感染、市中感染で感染拡大」

・PCR検査拒否、自宅経過療養「家庭内感染、市中感染で感染拡大、重傷者でる」

 自宅経過療養で感染拡大と重傷者が次々でる。

---------------------------------------
---------------------------------------
新型コロナウイルスの遺伝子検査の検査対象基準(厚生労働省)

1.発熱37.5度以上または呼吸器症状 かつ 濃厚接触歴がある

2.発熱37.5度以上または呼吸器症状 かつ 渡航歴がある

3.発熱37.5度以上または呼吸器症状 かつ 入院を要する肺炎が疑われる

4.医師が総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症を疑う

上記1~4に該当したら下記に

a.季節性インフルエンザ検査

b.一般的な呼吸器感染症の病原体の検査

上記 a b が陰性であれば PCR検査の実施について保健所に相談できる

上記 a b が陽性であれば 重症化したらPCR検査を保健所に相談できる

---------------------------------------

・保健所に連絡しても保健所担当者が検査NOと言えば検査はできない仕組み。

・一般人が電車内で感染しても重症化しないと検査対象にならない。

・新コロナウィルスは市中感染しないという前提。

・PCR検査までの判断基準が複雑。30万円給付が複雑と同じで今の政府は国民が解らないようにする仕組みがある。

・今後、上記検査対象仕組み創り等には、厚生労働省判断+感染医療や医師会等の判断も必要。

----------------------------------------
----------------------------------------
さて、ご覧になった貴方はどちらが正しいですか?。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bousounetsoba

Author:bousounetsoba
房総ネットワーク ブログへようこそ!
千葉県外房いすみより発信しています。

ホームページは
https://bousounetsoba.web.fc2.com/

最新コメント

月別アーカイブ